top of page

定期テストの勉強、学力調査の勉強どちらを優先すべきですか?

夏休み明け、中学3年生には2つの大きなテストが用意されています。

一つは定期テスト、もう一つは学力調査テストです。

テストを同時に向かえるに辺り、どちらのテスト勉強をするべきなの?復習は1年生まで遡って行うべき?」と悩まれるご家庭が多いかと思います。まず答えとしては「定期テスト」を重視してください。



受験を行うに辺り、何よりも力を注ぐことは「内申点」を基準値に引きあげる事。

その為には、評価対象になる「定期テスト」で点数を稼いでください。学調テストは内申点の評価に入りません。

「学調テスト対策はやらなくて本当に大丈夫なの?」

「受験生なら両方のテスト対策をやるべきなのでは?」

と思われてしまうかもしれません。

もちろん、両方やれるならぜひともやって頂きたいです。


ですが、

夏休み期間で2年間分×5教科をやり切るには、各教科の基礎ができていないと難しいのが現実かと思います。

(基礎学力の指標は、定期テストで平均点が取れているか否かで判断できます。)

夏休みの時期は、定期テストの勉強8割、学調対策を2割位の割合で学習するのがベストだと思います。


「それだと受験対策にならないのでは?」と思われてしまうかもしれませんが、大丈夫です。

3年生の学習内容も入試に出るので、定期テストの勉強はイコール入試の勉強にもつながります。


あと、「夏休み時期の学調対策って何をしたら良いの?」とお悩みの方への回答としては、「1年、2年生の内容をにやる事をおススメします。」と伝えております。

3年生の時期に1年生の内容をやる事に対し、不安を覚えられるかもしれませんが、学調の問題は1年、2年生の内容が半分以上占めている為、十分テスト対策になりえます。






Kommentarer


Kommentarsfunktionen har stängts av.
bottom of page